「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル(第4版)」における様式の公開

一般社団法人日本建築ドローン協会(JADA)は、JADA「建築ドローン安全教育講習会」を定期的に開催し、ドローンの活用に関わる基礎と建築知識、ドローン技術と安全運用、建築物の施工管理・点検調査におけるドローンの安全活用を解説した「建築物へのドローン活用のための安全マニュアル(第4版)」を教材として、第4版では航空法改正(係留技術を含む)及び上記「ドローン調査安全管理者」の重要項目を含めた最新情報に更新し、「建築ドローン飛行管理責任者」が具備すべき内容の充実化を図っております。

このマニュアルには、JADA建築ドローン安全教育講習修了者(建築ドローン管理責任者)が利用することを前提とした様式集がまとめられております。

特に、「ドローン飛行計画書」は、ドローンを安全かつ有効に利用するために必要不可欠な事項が盛り込まれており、建築ドローン管理責任者が現場を踏査し、活用をイメージしながら作成するものです。

以下のリンクよりダウンロード頂くことが可能です。

本様式を用いて、建築物の点検・調査等においてドローンを安全かつ有効に利用することを期待いたします。


様式1-1:建築物調書(その1:建築物の基礎情報)

様式1-2:建築物調書(その2:周辺状況及び建築物管理状況)

様式2 :ドローンを活用した建築物の調査方法

様式3 :ドローン飛行計画書

様式4 :ドローンに係わる事故等の報告書

——————————————————————————

【本書のご利用にあたって】

・本フォーマットを使用して、業務上発生した事故などについて、JADAが責任を負うものではありません。

・使用にあたっては、各者の責任において十分にご検討下さい。